ロボットの減速機内等の劣化したグリス交換でお困りの方に!

TAIYO グリスユニット GVC-UNシリーズ




 TAIYO のグリスユニット GVC-UNシリーズは、
 ロボットの減速機内等の劣化したグリスを吸引と同時に加圧することで、
 従来のグリス交換量を増加し、ロボットの寿命を延ばすために開発されました。

 ● 吸引開始はエアを供給するだけ
 
 ● 持ち運びが簡単・便利

 ● 同時加圧により吸引量がアップ

 ● グリスの排出が簡単にできる


 【標準仕様】
   ● 駆動源 :空気圧 0.5~0.7MPa
   ● 真空度 : -93kPa(空気圧0.5MPa時)
   ● 重さ : 6kg
   ● 分解・清掃 : 蝶ネジの採用で工具無しで分解可能






  
  【従来の交換方法】
  
  主にグリスガンやグリスポンプでグリスを注入し
  
  古いグリスを押し出す方式でした。
  
  この方式ではグリスの交換が充分とは言えません。
  
  
  【TAIYO グリスユニット使用交換方法】
  
  古いグリスを吸引すると同時に
  
  排気ポートから空気圧(0.2MPa以下)を供給することにより
  
  従来の方式より多くのグリスを吸引(排出)し、
  
  新しいグリスを供給する事ができるため、
  
  ロボットの故障を防ぎ、寿命を延ばすことが可能です。
  
  (ロボットメーカー毎に口径は異なります。)





Copyrightc MEKASYS All rights reserved.