images

都市圏で開催される様々なテーマの展示会で、日伝が提供できる製品やサービスをご紹介しています。商社ならではの最適な組み合わせで提案を体感いただき、あらゆるお客様のお困りごとに対応できることを実感いただいております。最近では特に、ロボットやIoTなどの業界のトレンドに合わせた出展を積極的に展開しております。


2018 中部パック

images

images

  • 期間:2018年4月18日(水)~4月21日(土)
  • 場所:ポートメッセなごや

包装・食品機械やシステムを中心に物流機器や包材・食材までを網羅した総合展。合理化・効率化の推進から食品安全システム「HACCP」や省資源・リサイクルといった環境問題など、幅広い分野にわたり、業種・分野の枠を超えて展示いただくのが特徴です。

担当者の声

imagesマーケティンググループリーダー 高橋 学

今回初めて出展させていただきましたが、小間の位置が良かったうえブースの装飾が非常に効果的に働き、大変多くの来場者に弊社のブースをご覧いただくことができました。特にNEBULEブースに興味を示す方が非常に多く、食品業界の衛生管理に課題をお持ちの方が多いことを再確認しました。シーラーブースにおいては採用を検討されている来場者が多く、製品の選定までさせていただくなど、具体的な商談が多かったことが印象的でした。

展示製品

  • images

    NEBULE(空間洗浄Lab.)

    「工場のカビ対策に“空間洗浄”という新提案」をキャッチコピーに、実機によるデモを行いました。
    新型のステンレス製・スチール製の2機種を、食品添加物・殺菌料のピーズガードと合わせご紹介。ピーズガードについてはトイレをイメージした空間を壁面一面に作り出し、ノロウイルス抑制セットとしてオートディスペンサーやスプレータイプをご紹介いたしました。

  • images

    ベルトシーラー・脱気シーラー(富士インパルス)

    「包装の品質向上に“温度管理”という新提案」をキャッチコピーに、デモ機で実際にシーラーを体験していただきました。
    新型のベルトシーラー“SE-SBTA-133-10W”とオンパルシーラー“V-460-10”で品質の安定から温度校正サービスまでをご提案いたしました。

ご相談いただいたお困りごと

空間洗浄Lab.(NEBULE)
食品製造
天井にカビが発生し、終業時にエアコンをつけっぱなしにして室内を乾燥させる等の対策はしているが、他に良い方法がないか検討している。
素材製造
原料液の容器のフタは閉めているが、密閉性が悪くカビが発生することがあり困っている。
産業機械
紙を扱っているが、特別な紙はカビが発生することがあり困っている。
食品製造
製麺工程で湿度のコントロールは可能だが、あまり湿度を下げられない理由がありカビが発生してしまう。
食品製造
煮物などの調理室で温度・湿度が高く、6月になるとさらに湿度が高くなるので対策したい。
食品製造
カイワレ大根やもやし等を製造しているが、ウェットな環境でありカビに困っている。
富士インパルス(ベルトシーラー・脱気シーラー )
食品製造
お肉の加工工程で袋に入れて脱気することを検討している。
食品製造
現在使用中のシール機は加熱温度制御がついていないため、使用回数によりシール不良が発生し困っている。
素材製造
現在LOS1000㎜の真空ポンプを使っているが、エジェクター仕様の機器への更新を検討している。
化学
他メーカーの脱気シーラーを使っているが、梱包する人のスキルにより品質がバラつき困っている。
食品製造
インラインで20個のワークを1パックにするための提案をしてほしい。
化学
アルミ材質のフィルムを使用した写真を扱っているが、角が鋭利で危ないので他に提案してほしい。

製品や現場のお困りごとのご相談はこちら


2017 国際ロボット展

images

  • 期間:2017年11月29日(水)〜12月2日(土)
  • 場所:東京ビッグサイト

国内外における産業用・サービス用ロボットおよび関連機器を一堂に集めて展示。最新のロボットや次世代技術を中心に幅広くご紹介することで、技術交流と商談の場となっております。

担当者の声

imagesMEKASYSグループリーダー 小林 英介

話題性の高い展示会のため、国内・海外問わず様々な方が来場された中で、メリハリの利いたアテンド対応ができたと感じます。展示会終了後の社内アンケートより、ロボット・IoTテーマを持った来場者に対して、「複合的な提案がされており、わかりやすかった」との意見が多く寄せられました。これについては、展示品や見せ方の仕掛けがうまくご来場の方々に伝ったのだと思います。

展示製品

  • images

    ロボット関連

    高速吸着搬送やブロワ吸着搬送、電気部品の組立てや多面の外観検査など様々なアプリを実演。画像処理やハンドリング技術の一例をご紹介。

  • images

    IoT関連

    ロボット展示機と連携した、稼働監視や予兆保全・イベント管理などをご紹介。その他、各種センサやカメラを活用したIoTアプリを展示。来場者に合わせて、情報の取得から収集・分析・活用までの一連をご提案。

  • images

    環境関連

    インフルエンザ対策の提案として、空間洗浄Lab.のNEBULE(ネブル)をご紹介。

ご相談いただいたお困りごと

産業機械
異常に対応する際に誰が対応するか共有したい。現在は2〜3人で1エリア担当しており、ファミレスで使用している様な市販の呼び出しのシステムを使用している。
農業
各ラインの稼動状況が見えておらず効率が悪いため農業のラインの稼動状況を監視を監視したい。
自動車部品製造
設備の停止理由の内訳を管理したい。ある程度の状態監視はできているが、停止信号をさらに細かく分析したい。
自動車部品製造
30〜40年くらい古い機械のPLCのデータが全く取れていないためデータを収集したい。またどのように収集したデータを見せればよいかわからないため、データをわかりやすく表示したい。
工作機械製造
振動センサーにてデータは取れているが活用方法がわからないため活用方法を検討したい。また、閾値の設定が難しく活用できていない。
自動車製造
工場生産状態と機器故障のAI分析を行いたい。故障の原因判明が難しい。
自動車製造
周辺にノイズがある状況でベアリングの振動を計測したい。工作機械内のベアリングの振動計測をしたいが、周辺ノイズが影響する。
食品製造
ドライフルーツの製造をしておりカビをおさえたい。また、乾燥室でテストをしたい。
食品製造
複数種類のある冷凍の肉等に冷凍時付着する水滴や表面の霜付着を画像認承で振分けしたい。
食品製造
異物と色が似ているグミの検査を自動で行いたいが異物とワークの色が似ている為異物検査が難しい。
食品製造
和菓子の包装がきちんとできているか検査を自動化したい。現状、検査を目視でしており、手間がかかっている。
医療品製造
30×30の医療用ガーゼが2つ折又は4つ折された物を10枚たばで自動で移載をしたいが、カウントミスは絶対できないため難しい。
食品製造
2kgあり形状がいびつな鶏肉をハンドリングしたいが、脂で滑るため難しい。
産業機械製造
20×80のサイズで40ミクロンのSUSの膜を自動で所定の位置にセットしたい。現状人手でピンセットを使用し5枚(段)重ねにして所定の位置にセットしている。

製品や現場のお困りごとのご相談はこちら


第20回 関西機械要素技術展 M-Tech

images

images

  • 期間:2017年10月4日(水)〜10月6日(金)
  • 場所:インテックス大阪

軸受、ベアリング、ねじ、ばねなどの機械要素や、金属、樹脂に関する加工技術を一堂に集めた専門技術展です。毎年、設計・開発、製造・生産技術部門を中心とした製造業ユーザーが多数来場し、出展企業と商談を行っています。

担当者の声

imagesMEKASYSグループ 寺田 敬幸

まずは、見ていただく。省人化・IoT・環境改善をキーワードに、分かり易いイラストや言葉、実際に目の前で動くデモ機。来場された方々のイメージがふくらむことを意識した展示を心掛けました。また、ハンドツールの体験コーナーやIoTデモ機は全て動きを見せるなど、より身近に感じていただける様に努めました。展示会自体の来場数は昨年より大幅にダウンしましたが、おかげさまで省人化・IoT・環境改善ゾーンともに盛況で昨年同様に多くの方に見ていただくことが出来ました。

展示製品

省人化
  • images

    省人化の要はハンドリング選定

    ブロア吸着ロボット・卓上ロボットハンドのシステムの実演。

  • images

    省人化の要はハンドリング選定

    様々なワークに対応する、各種ツールチェンジャー・ハンド・パッドなど多数展示。

IoT
  • images

    IoTの要は最適なデータと活用法

    センサ・ゲートウェイからクラウドまでを一括展示。

  • images

    IoTの要は最適なデータと活用法

    人・モノの動きの見える化を実現する“動線分析”や“ディスプレイ タグ”のご紹介。電力の見える化を手軽に実現する“ピークデマンド管理”をご提案。油圧機器とIoTをコラボレーションした稼働監視の実演。

環境改善
  • images

    カビ対策の要は浮遊菌の不活性化

    空気中を浮遊するカビ・菌を洗浄する “NEBULE(ネブル)”を展示。

  • images

    有機溶剤の要は発生源の局所排気

    有機溶剤にベンチレーサーによる局所排気でリスクアセスメント対策。

ご相談いただいたお困りごと

ゴム/プラ製造
精度を出してカップコーヒーの入れ物に傷がつかないよう搬送したいが、やわらかい為難しい。現在はカップの外からエアーチャックしているがより良い方法を提案して欲しい。
車/鉄道/航空/船製造
集中ピット160t程度のクーラントタンクの臭い除去に困っている。訪問打合せをして欲しい。
産業機械
ミシンの故障箇所、原因の見える化を検討している。軸受等破損箇所は特定出来るが、間欠運転の為、破損の時期がわかりにくく困っている。連続運転による耐久試験での寿命予想をしているが、各種センサーを使った予知予防で異常を事前に知りたい。
産業機械
作業指示書を部品箱に貼りつけているが、現場は油などで汚れるため、何度も再発行する事がある。ペーパーレスの実現を検討している。
プラント
テーブルリフターの上にワーク(1200×1200ぐらい)があり、リフトアップした際に、X・Y・Z方向の微調整をしたい。電動ではなく手動で、調整できるものを紹介してほしい。
伝導機器
特殊バネの検査工程が複雑で、自動化をはかりたい。今は後工程での目視・計測器による検査をしているがロボット等を使用した検査の自動化について提案して欲しい。
産業機械
ロボット(70cmくらい)の背中に取りつけるスイッチ(人の指で押す)を探している。ロボットが倒れたときに押されて反応しないくらい小さいボールタッチスイッチを探している。
建設
1200℃のワークをプレス機へ投入する為の商品を探してる。爪の長いものに対応できるものがないか?
金属加工
焼結金属製品の出来上がりにバラつきが有る。湿度、プレス金型等要因が複数考えられ、要因特定の為各データをロギングしたい。

製品や現場のお困りごとのご相談はこちら


第21回 機械要素技術展 M-Tech

images

images

  • 期間:2017年6月21日(水)〜6月23日(金)
  • 場所:東京ビッグサイト

ベアリング、ねじ、ばねなどの機械要素や、金属、樹脂に関する加工技術を一堂に集めた専門技術展です。毎年、設計・開発、製造・生産技術部門を中心とした製造業ユーザーが多数来場し、出展企業と商談を行っています。

担当者の声

imagesMEKASYSグループリーダー 小林 英介

本展示会では、システム製品と組込部品を省人化(組立/加工)・IoT(予兆保全/稼働監視)・環境改善の3つのゾーンで実演/提案展示を行いました。
自動化・省人化につながるシステムから、そのシステムを構成する機械部品単体までをご紹介させていただき、ご来場いただいた皆様には我々の特長をご理解いただけたのではないかと思います。
また、予兆保全や稼働監視などIoT関連の実演では、多くの方に見学いただき関心の高さが伺えました。まだまだ、これからの市場ではありますが非常に有意義な意見交換ができました。

展示製品

省人化
  • images

    システム展示

    ロボットがツールを持ち替えて、複数作業を自動で行う様子を実演。

  • images

    組込部品

    ロボットなどの自動化システムで使用するハンド・チャック製品を紹介。

IoT
  • images

    予兆保全

    様々なセンサから吸い上げたデータ利用して予兆保全を行う様子を実演。

  • images

    稼働監視

    機械・装置の稼働状況をリアルタイムに遠隔監視できる様子を実演。

  • images

    組込部品展示(センサー)

    機械・設備の様々なデータを取得するための機器(センサ)をご紹介。

  • images

    環境改善ゾーン

    空気中を浮遊するカビ・菌を洗浄する “NEBULE(ネブル)”を展示。セミナーも行い盛況でした。

ご相談いただいたお困りごと

車/鉄道/航空/船製造
稼動率の向上、稼動監視が今後のテーマになっている。千葉県にある工場から順次取り掛かっている。
金属加工
放熱フィンのバリ取り、検査の自動化・ロボット化を検討している。表面粗さのひずみ測定センサーも検討しており、相談にのって欲しい。
車/鉄道/航空/船製造
加工機の稼動監視を行いたい。様々な種類の加工機が混在しているため、簡易的に始められるものを提案してほしい。
ゴム/プラ製造
ゴム製品の重さを測定しOK・NGの判定をしたい。規定より重いNG品はカットしてOK品にしたい。今は人が重さを測ってハサミで切っているため、ロボット+カメラで対応できないか検討してほしい。
医薬品製造
医薬品の入った小箱を大箱の中に 12 個入れる工程を自動化したい。小箱は毎分 60個で後工程には封緘機があり、大箱の封緘をしている。小箱を入れる工程と、封緘機への投入工程の自動化を検討しているが、設置スペースが狭く 2m〜3m 程度しかない。できればワンタッチ組立ダンボールの組立も自動化したいと考えている。
車/鉄道/航空/船製造
楕円形の自動車部品の幅(端から端)の距離を非接触式のセンサーで測りたい。現状は人がゲージで確認しているがセンサーを使用して自動で測ることができないか検討している。
ゴム/プラ製造
化粧品のケースに印刷をしている。インクの中に有機溶剤が含まれており法規制には問題ないが、においに困っており局所排気の設備を設置したいと考えている。ぜひ工場を見て提案して欲しい。

製品や現場のお困りごとのご相談はこちら


FOOMA JAPAN 2017

images

  • 期間:2017年6月13日(火)〜6月16日(金)
  • 場所:東京ビッグサイト

食品機械・装置および関連機器に関する技術ならびに情報の交流と普及をはかり、併せて食品産業の一層の発展に寄与することとし、「食の安全・安心」に関心が高まる中、食品機械の最先端テクノロジー、製品、サービスを通して、「食の技術が拓く、ゆたかな未来」を提案する。

担当者の声

imagesMEKASYSグループリーダー 小林 英介

本展示会では、昨今の食品製造に関わるテーマを抽出し出展品目を選定しました。
省人化・異物混入・環境改善(作業・現場)に関わる商材・システムで、“食の安全・安心”をご提案させていただき、来場いただいた皆様には、関心を持って見学いただけたのではないかと思います。
更に、各テーマにIoTを絡めた製品やシステムも出展し、関心の高さが伺えました。また、空間を浮遊するカビや菌を取り除く洗浄装置(ネブル)は、大きな反響がありました。1日に二回実施したセミナーは盛況で、多くの方に参加いただきました。食品製造に関わる方を中心に有意義な意見交換ができました。

展示製品

  • images

    省人化

    昨今の雇用問題を解決するロボットを活用した自動化システムをご紹介。

  • images

    稼働監視

    機械・装置の稼働状況をリアルタイムに遠隔監視できる様子を実演。

  • images

    予兆保全

    様々なセンサから吸い上げたデータ利用して予兆保全を行う様子をご紹介。

  • images

    異物混入対策

    カメラを使用した画像処理システムで異物を検出。混入を未然防止できる様子を実演。

  • images

    作業改善

    腰痛対策・シール品質の改善・衛生対策につながる多種多様な製品を取り揃えました。

  • images

    環境改善

    空気中を浮遊するカビ・菌を洗浄する “NEBULE(ネブル)”を展示。セミナーも行い盛況でした。

ご相談いただいたお困りごと

食品/飲料製造
工場にセントラルキッチンがあり、ノロウイルス対策にピーズガード(トリガータイプ)を検討している。現在は次亜塩素酸ナトリウムを水で薄めて使っている。
食品/飲料製造
ちくわ等ねりものを製造しているが、カビの対策に困っている。古い工場なので、対策を何重にもとらないと不安が残る。ピーズガード(トリガータイプ)を使用しており、ネブルには非常に興味がある。
食品/飲料製造
鳥インフルエンザ等の影響から入場管理に取り組みたいと思っている。また、パックに入ったたまごをダンボールにつめる作業と、ダンボールをパレットにのせる作業の自動化を検討中。その他、現場の人が信号灯に気づかないことがあるため、稼働監視にも興味を持っている。
食品/飲料製造
手書き日報をPCに入力しており、表示灯のデータを自動で収集できるエアグリッドに大変興味がある。表示灯のない装置はどのようにデータを収集するのかという質問に対し、接点信号が取れれば LED ユニット無し(ボディユニット+送信機のみ)でデータを送信できるという説明をしていただいた。
精密機械
協働ロボット(可搬約 2〜3kg・小型のもの)を上期中の導入に向けて検討中。次週に開催される機械要素技術展で再度打合せをしていただく。
食品/飲料製造
様々な大きさ・形状のイチゴをカメラで認識し、ロボットで型に移載したい。2018 年にはシステム導入したいと考えている。
化粧品製造
シャンプー、リンスの製造ラインの自動化を検討中(現在ロボットメーカーと打合せ中)。サンプルの提供は可能なので、キャップの傷・汚れ・たれの検査について相談したい。
食品/飲料製造
コンビニなどに納入する食品を扱っており腰痛対策を前向きに検討している。

製品や現場のお困りごとのご相談はこちら


第2回 名古屋機械要素技術展 M-Tech

images

images

  • 期間:2017年4月12日(水)〜4月14日(金)
  • 場所:ポートメッセなごや

軸受、ベアリング、ねじ、ばねなどの機械部品や、金属、樹脂に関する加工技術が一堂に出展する専門展です。東海地域をはじめとする中部地方の製造業の設計・開発、製造・生産技術部門のユーザーが来場し、出展企業と活発な商談を行います。

担当者の声

MEKASYSグループリーダー 古賀 雅史

製造業で一番ホットなテーマであるIoTと自動化について専門総合商社の強みを来場者に伝える展示にフォーカスしました。
お客様のお悩み対して、商社の強みである製品と技術の最適なコーディネートに共感いただくために、見せ方やアテンドスタッフのおもてなしまで細部に渡りこだわりました。結果、日伝での対応力に共感いただき非常に多くのお客様から大小さまざまなお困りごとをお聞かせいただくことができました。現在、お客様の課題に具体的な提案を持って営業活動を進めております。

展示製品

IoT提案
  • images

    検査・計測展示

    位置、距離、角度、温度、圧力、流量、振動など課題に対して何のデータをどのようにして取るかを製品を元に提案。

  • images

    予兆保全展示

    検査システムのロボットに各種センサを取り付けた情報を収集、ロボットの故障時期を見える化。

  • images

    稼働監視展示

    積層表示灯の情報を無線で転送し、装置の稼働状況を収集しパソコンやタブレットで監視。

自動化提案
  • images

    ハンド・チャック・ツールチェンジャー展示

    扱いが難しいワークをハンドリングしたい。耐環境に対応したハンドが必要だ。ロボットに複数作業をさせたい。などのニーズに様々な種類の製品で提案。

  • images

    4つのハンドを付け替えて作業するシステムデモ展示

    電磁石・吸着パッドによる搬送。三ツ爪チャックによる組立。ディスペンサーによる塗布作業などを1台のロボットで実現。工程に合わせてシステム提案および構築できることを実演。

ご相談いただいたお困りごと

包装機の製造・開発(資本金 1億5千万円)
生産状況の稼動監視を行いたいが、センサーを既存設備にいろいろ取り付けることに抵抗がある。カメラで情報収集し、データロギングしていくということをしたい。
自動車部品製造(資本金 228億円)
鏡面のスリキズを画像で検査したい。鏡面にスリキズが1つでもあればNGなのでなかなかできる製品が見つからない。検査できる方法があれば紹介して欲しい。
化学品製造(資本金 1千億円)
出荷工程自動化したい。ワークは4kgほどの樹脂ボトルで1本づつを袋づめした後に、段ボールに箱詰めする。箱には中じきなどもあり。ロボットと専用機を組み合わせ、システムでの提案をして欲しい。
住宅設備製造(資本金 350億円)
IoTを導入するように上司より指示が出ている。何からはじめたらよいのかわからないので一度工場に来てどこから始めるかなどコンサルティングして欲しい。
自動車部品製造(資本金 5千万円)
加工機の治具に溶接のヒュームやスパッタのカスが付着する。人手でブラシを使って1日に2〜3回バリ取りの作業を行っている。ロボットを用いた簡単なシステムをお願いしたい。

製品や現場のお困りごとのご相談はこちら


総合展示会の出展予定一覧