モノづくりの困ったを解決する総合サイト

Produced by

MEKASYS

二度加工や工程飛びによる不良品の発生を防止!メーカー導入事例

シュナイダーエレクトリックホールディングス

  • 業界

    自動車・農機・建機関連

  • 目的

    生産性向上

    品質改善・環境改善

【Before】

<背景と課題>
●未然に、二度加工や工程飛びを防ぎたい

  • 自動車部品を製造している部品メーカーです。現場では、搬送者が工程順に作業者へワークを運び、作業者はそのワークに刻印されたQRコードから品種情報を読み込み、加工しています。しかし、多品種少量生産に伴い生産工程が複雑化。誤ったワークが運ばれて、二度加工や工程飛びが多発しています。作業者が読み込んだQRコード情報を装置間で連携させ、工程順に通過しているかの良否判定を行い不良品発生を防ぎたいです。

<課題が達成できない問題>
●各装置の通信方式がバラバラで、QRコード情報を集約できない

  • 装置間を連携させたいのですが、加工精度に影響を及ぼす可能性があるため、各装置のPLCは触りたくないです。そのため、新しく統括PLCを追加して、各工程のQRコード情報を集約したいのですが、各装置の通信方式がバラバラなので、集約できません。

●不良品発生を通知するためのランプやブザーの増設が大変

  • QRコードを読み込み工程飛びが判った場合、ランプやブザーで作業者へ通知をしたいです。しかし、装置側PLCにI/Oの空きがなく、PLCを改造しないとランプやブザーを取り付けできません。

【After】 マルチ・データボックスで解決

●各装置の通信方式がバラバラでも、QRコード情報を集約!

  • マルチ・データボックスは、様々なPLCメーカーとプログラムレスで通信可能!各装置のQRコード情報は、マルチ・データボックスを介して統括PLCへ集約。装置間を連携した総合的な良否判定を実現できます。

●装置側PLCを改造せずに、ランプやブザーを取り付け!

  • マルチ・データボックスには、I/Oを標準搭載しているモデルもご用意!装置側PLCにI/Oの空きがなくても、マルチ・データボックスに直接ランプやブザーを取り付けOK。ランプやブザーを増設して、不良品の発生を回避できます。

<さらに、>EZタワーライトなら、
●タワーライトをUSBケーブルで簡単接続!

  • 呼び出しボタンやフットスイッチなど、さまざまな用途でマルチ・データボックスのI/Oを占有する場合、USBケーブル1本で取り付けられるブザー付きの積層式表示灯EZタワーライトを使用すれば、I/O点数を節約できます!電源やI/Oケーブル複数本を配線する手間も削減可能です。

システム構成図

このページは、シュナイダーエレクトリックホールディングス様の了承のもと事例を転載しております。
https://www.proface.com/ja/solution/improvement/39654

関連製品

1952年設立で、動力伝導機器・産業機器・制御機器等の機械設備及び機械器具関連製品の販売をしている専門総合商社です。
日本国内で40以上の拠点を持ち、信頼性の高い製品と技術力で、全国のものづくりに携わる方々のあらゆるお困りごとを解決しています。